一言

世帯じみた主婦と出会い掲示板で知り合いになりセフレ関係となりました

Published by:

妻と毎日夫婦生活が出来ていた物の、たまには別の女性をつまみ食いしたいと思うようになり、出会い掲示板で女性を探す様になりました。
出会い掲示板「http://エチフレ.com/」には良い女がたくさん居て片っ端からセフレ募集して声を掛けましたが、全く会ってもらえませんでした。
そこで私は気が進まなかったんですが、出会い掲示板にいた所帯じみた主婦に声を掛けてみたのです。
そしたら直ぐに会ってくれる事になり、私は気が進まないまま会う事にしたのです。
彼女はくたびれ果てたどこかの主婦と言う感じで、女性としての魅力があまり感じられませんでした。
しかしセックスをやりたいという気持ちは強く、私を直ぐにラブホテルに誘って来たのです。
まあセックスが出来るならいいかと思い、私は彼女と共にラブホテルにいきました。
部屋に入ると彼女の眼の色が変わり、私は直ぐに真っ裸にされてしまいました。
そしてちんちんをむんずと掴まれ、激しく揉まれてしまったのです。
それで私のちんちんは直ぐに勃起をしてしまい、それを見た彼女はベッドの上に乗り、私に「早く来て」と誘惑して来たのです。
初めはやる気がなかったものの、彼女のやる気溢れる態度に触発されてしまい、私の方もやる気がふつふつと湧いてきました。
この後私は彼女の体を隅々まで愛撫し、最後に彼女の中に思いっきり出したのです。
出したら彼女の事が良いなと思えるようになり、私は彼女とセフレ関係となる事にしました。
最初は所帯じみた主婦と思っていましたが、セフレ関係となってからは、彼女の事がキレイに見えるようになりました。
今では彼女とのセフレ関係が誇らしく思えるようになり、彼女をセフレにして本当によかったと思うまでに至っています。
「愛知県:30代:男性:会社員」

一言

雪は降りませんでした

Published by:

西日本が大雪だというので、食料品をいつもの通り大量に買い込み、雪に備えていたのですが、なんと、肩透かしです。京都は雪がほとんど降りませんでした。しかも、昨夜は、とても暖かく、お布団を蹴飛ばしてしまうほどです。あまりにも、九州との違いに驚きです。
朝、おそるおそる外を見ると、なんと、かき氷のようなうっすらとした、きれいな粉雪が積もっているだけでした。去年のお正月を意識していただけに、気持ちの持っていきようがありません。

一言

いけるところにしか行けません

Published by:

自分がまなびたいところに行くのは、ちょっと、生きるということとは違うような気がします。それも、漠然と言っているような場合が多いです。そうなると、どの子が本気で、どの子が東京に行きたいのかわからないではありませんか。まず、仕事に就ける力を大学で養うということが一番です。それもできないのが貧困です。行きたいところに行けないのが貧困ではないような気がします。一般の家庭でも、いけるところにしか行かないのです。

一言

何歳になっても雪にワクワクする

Published by:

ブログで何歳になっても雪が降るときはワクワクするということが書いてあって、
私もその人と同じで雪が降るとワクワクしてしまいます。

それもまた最近になって余計にワクワク感が強くなり、
写真をよく撮るようになってから3年くらい経ちましたが、
辺り一面が真っ白になるほどの雪が降ることは年に1~2回で、
そんな写真は滅多に撮れないのでワクワク感が強くなったのです。

でも雪が止んだ翌日に写真を撮るのでそれまでにかなり溶けることもあり、
まだ辺り一面真っ白の写真は二回しか撮れてません。

一言

3番目に出会った人が私の彼氏!

Published by:

私はその日ネットを見ていました。
そこで気になる広告を発見して出会い系サイトに興味を持ったのです。
そこは登録者も多くて、結構な人がいました。
なんだか楽しそうだったので、このサイトを始めて見たのです。
「いい出会いが見つかるかな」とわくわくしながら始めました。

ただ現実はすんなり彼氏ができたわけではなく、苦しいこともありました。
出会い系サイトで始めて仲良くなった相手は急にいなくなりました。
その前に私がしつこく彼にアタックしていたので、それが悪かったのでしょう。
彼はサイトにインしなくなったのです。
路頭に迷っていた私の相手をしてくれたのは別の男性でした。
私はその人に次第に心を引かれました。
しかしこの恋もうまくいきませんでした。
彼は妻子持ちだったらしくて、私とは実際に会ってくれませんでした。

いろいろとショックが重なって、もう出会い系サイトなんて辞めようかなと思っていたんです。
そしたら彼と出会えました。
私の正式な彼氏になってくれた人は私よりも6つ年上の男性でした。
傷心だった私を拾ってくれたのは彼だったのです。
彼は私が次々にフラれたことを知らずに近寄ってきました。
私はもうその時は誰でも良くなっていて、とにかく会って見ることになりました。

そしたら彼がやってきて、そのかっこよさに驚かされました。
私の思い描いていた理想の人で、私はすぐに彼に落とされました。
こうして彼氏ができたのです。
出会い系サイトの3番目の出会いで私は本当に彼氏ができました。
彼とは毎日メールをして、たまに会っています。
家が遠いのでそう頻繁には会えないのですが、彼がいてくれて良かったです。

【宮城県|10代|女性|受付事務】